水着の着こなしセンスアップのコツ

水着の着こなしをセンス良くキメルコツとして、自分に似合った形やデザイン・色の水着を選ぶことがあげられます。体型や肌の色は人それぞれですので、似合う水着の着こなしというのも当然違ってきます。基本的には普段自分に似合うと思って購入している洋服のテイストを参考にしていくと良いでしょう。そうして考えていけば自然と似合う水着を手に取ることができるはずです。

また、上手に体型をカバーしていくコツとしては、目の錯覚を利用するということが大切です。例えば胸が小さいことがコンプレックスという場合には、パッドなどでボリューム感を出そうとしてしまいがちですが、これでは不自然になってしまいます。そこで、胸元にフリルやリボンなどボリューム感のある飾りのついたものを選ぶと自然にふわりと柔らかい胸元を演出できます。脚の短さを隠す場合にも、リボンで結ぶタイプのショーツを選ぶと脚と胴の境目が曖昧になるので脚が長く見えます。

もちろんそれだけでなく、体型を整えるためにダイエットをしたり、露出しているお肌をきれいな状態にしておくためにスキンケアをしたりムダ毛処理をきちんとしておくということも、センスの良い水着の着こなしをするためのコツです。自分に似合う良い水着を選ぶということはもちろん大切ですが、それと同時に自分自身をきれいにしていく努力ということも大切です。そのため、夏にきれいに水着を着るためには、秋から春までの日々の習慣が重要なのです。

おすすめの記事 

  • 水着の着こなしで恥ずかしい思いをしないために VIO脱毛の必要性